ロトランド(Lottoland)とは

Pocket

https://www.lottoland.com/jp

ロトランド(Lottoland)は、2013年にナイジェル・ビレルCEOを中心に設立されたロトを中心としたオンラインサイトです。他のオンラインカジノのサイトとは違い、ロト等の世界中の宝くじをメインに取り扱っており、宝くじベッティングのサイトでは世界トップとなっています。

 ロトランド公式サイトより

ロトランドは、日本からでもプレイができるサイトであり、大手保険会社との連携により安心して高額当選金を日本にいながら受け取る事ができます。世界各国の宝くじを一手に楽しめるサイトは、ロトランド以外にはあまりありません。その証拠に、全世界で900万人以上のユーザーが、一攫千金を夢見てロトランドでのプレイを楽しんでいるのです。 

【ロトランドの仕組み】

 

上記の図は、ロトランドのビジネスモデルを展開した図となっていますが、ロトランドは、世界中の宝くじを取り扱っており、ロトランドでベッティングをする事でも、現地の宝くじと同額の賞金を得る事ができます。ロトランドのユーザー情報は強固なセキュリティで保証されており、ロトランド自体も英国賭博委員会、ジブラルタル賭博委員会(GBGA)、アイルランド税務局からのライセンス認可を受けています。いくら高額な賞金であろうと、賞金はロトランドが契約している大手保険会社のバックアップにより確実に支払われ、いつでも出金する事ができるのが大きな特徴です。

 ロトランドは、宝くじの「結果」に賭けるという全く新しいサービスとなっています。日本からでもスマホやパソコンから世界中の宝くじを買うのと同様の賭けができ、賞金が当たればその金額がそのまま支払われるのです。あくまで公式宝くじの結果に賭ける為、賞金は公式宝くじ団体からではなく、ロトランドから支払われます。 

本来であれば、世界中の宝くじは特定の国の国民のみが購入可能ですが、ロトランドでは世界中の人気宝くじ結果にオンラインでベット出来ます。それにプラスして、ロトランドだけのスペシャルボーナスがあり、組み合わせによっては、公式宝くじをも上回る賞金をゲットする事ができます。 

現地で紙のくじを購入するよりも、逆に安心して楽しむ事ができるサイトとなっているのです。

【ロトランドの特徴】

 ロトランドでは、他のオンラインカジノサイトと同様にカジノやゲームを楽しむ事ができますが、大きく異なる点は、世界各国のロトを中心とした宝くじを25種類以上と数多く取り扱っており、すべてロトランドで決済が可能だという点です。取扱のある主要な宝くじは以下となります。 

パワーボール(アメリカ)

メガ・ミリオンズ(アメリカ)

ユーロミリオンズ(フランス)

ユーロジャックポット(ドイツ)

エルゴルドベラノ(スペイン)

ジャーマン・ロト(ドイツ)

アイリッシュ・ロト(アイルランド)

オーストラリアン・ロト(オーストラリア)

ポーリッシュ・ミニロト(ポーランド)

スイスロト(スイス)

 

ロトランドは、英語、日本語はもちろんのこと、ドイツ語、ポルトガル語、ポーランド語に対応しています。また世界中の宝くじ以外にも、ロトランドでは独自のスクラッチくじを用意しており、こちらを楽しむ事もできます。

 ロトランドでは、スクラッチウィンやカジノやスロットゲーム等も用意されており、その数約250種類にも上ります。ロト以外にも複数のベッティングを楽しむ事ができるサイトなのです。

【ロトランドは安全にプレイできるの?】

ロトランドは、ジブラルタルの会社であり、ロトランドで取り扱っている宝くじは、いずれもジブラルタル政府によりライセンス許可を受けています。また、英国賭博委員会、ジブラルタル賭博委員会(GBGA)、アイルランド税務局からのライセンス認可を受けていますので、安心してプレイができます。但し、ジブラルタル賭博委員会により、18歳以下のプレイは禁止されています。 

ロトランドは個人情報をデータ保護法に従って管理されており、厳しいアクセス制限やログの取得を行っています。またこれらの活動は、常に公認の第三者機関によって監視・チェックされているのです。ロトランドを利用するに当たり、身分証明書を提供する必要があります。これは、ユーザーの身元確認が法律で義務づけられており、ロトランドへのライセンス提供条件にもなっているからです。

ロトランドは、2015年にはEGR賞で「Rising Star」と「Alternative Operator」賞を受賞しています。EGR賞は、ゲーム業界で最も権威ある賞となっています。また2016年には、ゲーミングアプリケーションアワードで「Best Lottery App」賞を受賞、2017年2月にはIGA賞で「The Lottery Operator of the Year」賞を受賞しています。

【ロトランドでの過去の支払い情報】

 

ロトランドでは、2015年12月以降ベットを楽しまれている中では、2018年6月に、ドイツ・ベルリン在住の女性がロトランドからユーロジャックポットへ800円分ベットし、なんと1等(7900万ポンド/9000万ユーロ/約112億円)を獲得しています。この金額は、オンラインギャンブルにおける支払最高額のギネス世界記録を達成しました。

 また、2016年4月には、同じくドイツ在住の男性がジャーマン・ロトにベットし、1945万ポンド(2230万ユーロ/約27億円)をゲットしています。

 日本においてはジャンボ宝くじやロト7等が有名で、宝くじの過去最高当選金額は、2014年9月のtotoくじで出た10億円となっています。しかし海外では当選金額が桁違いになっており、アメリカでは、なんと1862億円もの当選金額が出ているのです。 

【ロトランドでの当選者の声】

 2018年6月に、ドイツ・ベルリン在住の女性、クリスティーナは9000万ユーロ(約112億円)もの賞金を獲得しました。

 クリスティーナは、これまでロトランドでは1回しかプレイした事が無かったのですが、2回目となったベットでは、母親から5つのラッキーナンバー (14/19/21/30/32)と2つのユーロナンバー (4/7)のアドバイスを受け、それが最高の結果を生む事となったのです。なんと親孝行というか、娘孝行というか!

 クリスティーナは、オフィス内清掃の仕事に従事しており、当選を深夜のシフト勤務中に知りました。当選を知った彼女は、その場で上司に退職を告げ、新たな人生を踏み出す事を決心したのです。

 クリスティーナは「信じられない!正直言って、まだショック状態で実感がわきませんが、やっと母親や他の家族に恩返しができるので嬉しいです。」と語っています。

 クリスティーナの夢であった「キャンピングカーでのアメリカ横断」を計画中だそうです。

 ロトランドは、創業からわずか6年で、900万人以上のユーザーを獲得し、既に10億ポンド近くの賞金が、スウェーデン、アイルランド、スロバキア、ブラジル、ドイツそしてイギリスという世界中のラッキーな勝者に支払われているのです。

 日本では宝くじやロト7等がメジャーですが、大規模な宝くじは年4~5回と限られており、一攫千金を狙うタイミングが限られています。その点ロトランドは世界各国の宝くじを楽しむ事ができますので、チャンスの機会は大幅に異なります。日本では、法律により宝くじ発行総額の半分までしか購入者に還元されないという事が決まっていますので、やはり自ずと当選金額が低くなってしまいます。その点、ロトランドは事実上の青天井となっていますので、より一攫千金を狙うのに適していると言えるでしょう。

 ロトランドは、18歳以上であれば誰でも気軽に楽しめるサイトであり、日本にいながらも世界各国の宝くじを楽しむ事ができます。日本の宝くじと比べても、賞金が桁違いな海外の宝くじをロトランドで楽しみ、あなたも一攫千金を夢見てみてはいかがでしょうか。

ロトランドの拠点

ロトランドは、4大陸に11のオフィスを構えています。これには、ジブラルタル(イギリス)、マラガ(スペイン)、ポルト(ポルトガル)、ブラチスラバ(スロバキア)、シドニー、ダーウィン(オーストラリア)の各オフィスが含まれます。 当社の従業員の大半は、ジブラルタルにある当社の本社を拠点としています。

ジブラルタル、ギャンブル業界のヨーロッパの「シリコンバレー」と呼ばれています。ジブラルタルは、オンラインゲーム業界の世界的な中心地です。 オンライン宝くじの賭けの先駆者としてロトランドが登場したことで、イギリス領土の経済状況は活性化しました。